母のために、母の代わりに

お客様のご要望 ①元気だった母が弱ってきたので介護のことを考えた母が快適に生活できる間取りにしたい。
②自分たち夫婦の老後も考えて、1階ですべての生活ができる温かい家にしたい。
③今まで母がメインで使っていたキッチンを奥様が主役の明るいキッチンにしたい。
④敷地内に使っていない建物が2棟あり、庭を上手に使えていない。
⑤使用していない和室をなくし、有効活用したい。
⑥段差が多く、事故が心配。
⑦収納スペースはあるが、西側の不便なところにあり使い勝手が悪い。

施工事例データ

住所 愛知県西尾市
施工箇所 1階全面
住宅形態 戸建て
リフォーム面積 120.52㎡→107.63㎡
施工内容 介護リフォーム
費用 約1,900万円
工期 約130日
築年数 25年
使用商材 【キッチン】TOTO:ザ・クラッソ/ドア(Panasonic:ベリティス)【浴室】TOTO:サザナ【洗面】TOTO:オクターブ/ドア(Panasonic:ベリティス)【玄関】YKKap:断熱玄関引戸冴Ⅱ【主な共通商材】床(ブルズハイパージオ)壁天井(サンゲツ:リザーブ)窓(YKKap:エピソードNEO)【屋外】外壁(NIPPON STEEL:ニスクカラーフッ素)タイル(INAX:アルディーザ)
ご提案内容 ・お母様の部屋から玄関までの距離を少しでも短くするために、物置になっていた和室を玄関ホールに変更。
・各部屋の片づけがしやすいように、どこからもアクセスしやすい位置に広い収納スペースを配置。
・明るいキッチンを実現するために、DK+Lから南に広く面したLDKに変更。
・使用していない2棟の建物を解体し、駐車スペース、スロープ、手すりを採用したエクステリアの提案。
・冬を温かく過ごしていただくために、1階全体に外断熱を採用。
施工前はこちら
施工前図面

 

・屋内外に段差が多い。
・断熱が悪く、冬が特に寒い。
・北側に配置されたキッチンは日当たりが悪い。
・敷地内に使用されていない建物が2つあり、庭として使えるスペースが限られている。
・使用していない和室が荷物置き場になっている。
・敷居等各所に段差があり、バリアフリーではない。
・西側に広い納戸はあるが、各部屋に収納スペースがない。

ゆい・リビングによる施工中の様子

1階全体を固形断熱材で被うことによって断熱性能を高め、温度のバリアフリーを実現。夏は涼しく冬は暖かい住まいに生まれ変わりました。ヒートショックのリスクも軽減しました。

施工が完了しました
施工後図面

 

お母様が快適に生活できる工夫
暖かいお庭で過ごす時間が長いお婆様が過ごしやすいよう、庭のどこでもスロープで行けるように安全面を考慮。お母様のためのバリアフリーを実現し、家の外での事故を防ぐお庭になりました。

洗面化粧台を脱衣室に配置しない
洗面台はLDK空間へ設置するプランをご提案させていただきました。介護が必要になった際は脱衣室が広々使用できるほうが良いということと、誰かが入浴中に気を気を使わず洗面所を利用できるという点から有利です。脱衣室に棚を置くことで、デッドスペースも上手く活用しました。

リフォームされたお客様の声

 元気がなくなってきた母が快適に過ごせるように計画をしました。完成前に母が亡くなってしまったので、新しい家に住んでもらうことができなかったけれど、母が使う予定の部屋を夫婦の寝室として使っています。1階だけで生活が成り立っているので2階に行くわずらわしさがなく快適な生活が実現できました。
どの部屋からも行きやすいウォークインクローゼットのおかげで生活スペースがいつも片付いています。
 一番気に入っているところは、LDKから直接行ける広いデッキです。雨天時の洗濯干し場や、主人の喫煙スペースとして活躍しています。
 まだ寒い季節を体験していませんが、どれだけ暖かい家になったかを体験するのが楽しみです。

リフォーム担当者の声

お母様が快適に過ごせ、ご家族皆様も快適に過ごすことに繋がるプランニングを心掛けました。

 水廻りをお母様から奥様に代替わりされるということがメインで、当初はLDKと水廻りのみのご計画でした。
 打合せを重ねていくうちにいろいろなご要望が上がりましたが、一番はお母様が生活しやすいようにというところでした。
1階でお母様が快適に生活ができるようにというテーマで間取りを考え、ご提案しました。冬の寒さを緩和する外断熱の提案をご採用頂き、計画は1階全体になり、よりお母様のためのリノベーションになりました。

 
お気軽にご相談ください
お気軽にご相談ください