ゆいりすコラム 職場事情


こんにちは、太田空です。

今回は職場事情についてです。


当ホームは、夜間支援を原則としているため
利用者の方は日中はお仕事をされています。

その職場は4種類あります。

①一般企業の障がい者雇用枠
 …字の通り、事業主や自治体で障害をお持ちの方のみの
  特別な雇用枠になります。会社側が障害の特性や体調の配慮などを
  分かったうえで雇用されるため、整えられた環境で働くことができます。
  正規社員での雇用であれば相応な給与(賞与含む)が支払われます。

②就労移行
 …2、3年を目途で一般就労(上記①)を目指します。
  必ず一般就労が出来るというわけではありませんが、
  実習をしながら知能・能力の向上ができたり、いろいろな
  作業をしながら自分の適性に合った職を探すことが出来ます。
  働くために必要な訓練を受けることを目的としているため
  基本的に雇用契約はなく、賃金もありません。

③就労継続支援A型
 …一定の支援がある職場で働くことができる福祉サービスです。
  障害や病気に理解のあるスタッフの支援があるため、
  安定的な就労が期待できます。
  また、雇用契約を結んだうえでの雇用なので給料は
  最低賃金が保証されます。多くの事業所は時給制で
  1日4~8時間程度の労働時間となっています。

④就労継続支援B型
 …現時点で一般企業への就職が困難な方に就労機会を提供し、
  生産活動を通じて知識と能力の向上に必要な訓練ができる
  福祉サービスです。雇用契約は結ばず、利用者に作業分の
  お金が工賃として支払われます。作業時間は4.5時間です。


連携している作業所に勤める契約になっているホームもあるそうですが
当ホームは、利用者様に合ったお仕事を選んで頂くようにしています。


利用者様それぞれのペースで目標を立てられて
お仕事にやりがいを感じて頑張っていらっしゃる様子を拝見し、
いつも「わたしも頑張らなきゃ!」という気持ちにさせて頂いています。


「お金がたまったらこんなことしたいんだ」とお話をしているとき、
人は希望があると輝けるということを改めて感じます。


5月に産まれた下の子も、お兄ちゃんと一緒に頑張って
保育園に行ってくれています。
(本人は分かっていない様子ですが笑)

わたしももちろん寂しいですし、子供達も我慢してくれていると思います。

今我慢したり寂しい気持ちにさせてしまっている分、
もっともっと頑張って、将来何倍も何十倍も幸せにしてあげる。と
毎日保育園に送り出すときに自分と約束しています。


夢は人それぞれですが、寝ていても頑張っていても
1日は24時間ですので、将来後悔しない選択をしていきたいですね。

施工事例

イベント・チラシ・メディア情報

ゆい・リビングの現場日記

代表者コラム

お役立ち情報

お問い合わせ