木を見て、森を見ず

木を見て、森を見ず

毎日テレビはコロナ漬けです。

最近はコロナ禍の中、新しい生活様式を求められています。
これまでと違うことを行おうとする私達は、色々大変です。
ただ、その正解か不正解かもわからないのに方針を出す人たちは、もっと大変です。

安倍晋三首相は本日記者会見をします。
自身の体調について説明します。

首相は第1次政権時の2007年9月に持病の潰瘍性大腸炎を悪化させて退陣されています。その時の官房長官「塩崎官房長官」(今は菅さんですね)は直前までその決意を知らされていなかったそうです。政権トップの健康問題「秘中の秘」今日は政局にとって大きな1日となりそうです。

新型コロナウイルスの拡大から「在宅勤務で座りすぎるとがん死亡が増える」「早期発見に不可欠な検診も減っている」と問題になっています。

昨日時点で64752人、死亡者は1230人。これに対して、昨年のがん患者は102万人。死亡者は38万人で、がんの死者はコロナの300倍超です。

男性の3人に2人、女性の2人の1人が生涯で何らかのがんにかかる時代。
コロナ対策はすべきものと思いますが、コロナ対策をあまり優先すると全体としての健康が損なわれる気がしませんか。

座る時間とがん死亡リスクは
「最も(長い時間)座るグループ」のがん死亡リスクは
「最も座らないグループ」の1.8倍との実験結果があるようです。

その上がん検診の受診者数が激減しています。
昨年と一昨年の4月にいずれも約20万人だった受診者が、今年4月は約3万人
同じく5月は約45万人から約4万人に減少しています。
今年度の受診者が約3割減りこれに伴ってがんの早期発見が4000人近く減少すると予想されているようです。

【不要不急】と言いますが、「木を見て森を見ず」とはこのことのように思う今日この頃。

施工事例

イベント・チラシ・メディア情報

ゆい・リビングの現場日記

代表者コラム

お役立ち情報

お問い合わせ