ゆいりすコラム 夢の持ち方


こんにちは。太田空です。


「わたしは将来、保育士さんになりたい」
「僕は将来、野球選手になりたい」

子供は自分の将来の話を楽そうに話します。


夢を持ち続けて叶える人ももちろんいますが
大人になるにつれて夢を諦めることも多いです。

そしていつしか、無意識のうちに人は
夢の持ち方を忘れてしまいます

日本人は特に、です。それはなぜか。


いろいろな考え方がありますが、
わたしの人生での先生が教えてくださったのは
「答えを1つにしてしまう日本の教育」にあるそうです。


数学で言えば、
1+1=2、2+5=7みたいなもんです。

当然です。

では、下記はどうでしょうか。
2=□+□、7=□−□

2+0、1+1、0+2。
左の問題だけで3つも答えがあります。
また、少し違った観点から考えれば
小数や分数を使って回答することもできます。

テレビCMでこの内容を取り上げている企業もいましたね。



以前にも小学2年生の算数の回答が話題になりました。












理由と答えは筋がとおっているように感じてしまいます。


このような採点方法は、国語の科目は特にそうで、
「この主人公は~~のときどう思ったか」の回答に
日本では模範解答に近くなければ〇はもらえませんが
ヨーロッパの学校では回答を書けば〇がもらえるそうです。

思うことは人それぞれだから、と。

筆者が思う主人公の気持ちから考えれば日本の教育のが
正しいように思えますが、その読者が思う主人公の気持ちは
十人十色あることを考えれば違うようにも感じます。

日本人は真面目と言われますし、そのとおりだと思いますが
やはり物事は表裏一体ですよね。


日本の教育方法では頭が柔らかい学生時代に、
「物事の答えはひとつだけ」だと知らないうちにすりこまれ
「Aの選択肢もあるし、Bの選択肢もある」というように
いろいろな方法を考える力が弱く、やがて、一つしかない
答えを出すのが怖くて考えるのをやめてしまうそうです。


しかし、人生の先生がおっしゃっていました。


間違えることが何が怖いの?わたし(先生)は、
間違いを恐れて何年何十年と経っても何も
成長していない未来の自分がいることのがよっぽど怖い。
初めから歩ける赤ちゃんなんていないでしょう。
何回でも挑戦してできるようになるじゃない。
諦めなければ失敗なんて一つもない、全て経験。と。




わたしはその言葉にハンマーで頭を叩かれたくらいの
破壊力があり、良い刺激を頂いたのを覚えています笑

ただ、理解は出来ても無意識のうちに身につけた
「夢を持つことをしない」癖はなかなか直らないもので
欲しいものを欲しいと素直に思うことが出来ずに苦労しました。


リスクを考えることももちろん大切ですが、わたしが今回の
グループホームのお話を頂いたときに前向きに考えられたのも
夢を持つ練習をしていたのが大きく影響していると思います。


「なぜ夢を持たなくなったのか」を考えるだけでも面白いですよね。




施工事例

イベント・チラシ・メディア情報

ゆい・リビングの現場日記

代表者コラム

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
お気軽にご相談ください